加齢臭ストレス男性

ストレスで加齢臭が発生する原因

ストレスフル

あなたの周りに怒りが原動力で動いているみたいに、常にイライラしている人っていませんか!?ストレスが多い人ほど加齢臭が強くなる傾向があるので、注意が必要です。

ナース

ストレスを感じると加齢臭が強くなります

ストレスが加齢臭を強くするメカニズム

ストレスを感じると副腎皮質からコルチゾールというストレスホルモンを分泌します。コルチゾールはストレスと戦うためのホルモンで、脳や筋肉に糖を届けて体をシャキッとさせてくれるいいやつですが、過度に分泌されると血糖値が上がって活性酸素が発生します。

活性酸素は、コレステロールや中性脂肪と結びついて過酸化脂質になり、ヘキサデセン酸が結びつくと加齢臭の原因であるノネナールが発生します。

結果として、ノネナールを発生させるストレスは、加齢臭の原因であり、ストレスを減らすことは加齢臭対策になります。

  1. ストレスを感じるとストレスホルモンを分泌する

  2. 血糖値が上がって活性酸素が発生する

  3. 活性酸素がコレステロールや中性脂肪と結びついて過酸化脂質になる

  4. 過酸化脂質とヘキサデセン酸が結びついてノネナールが発生する

女性でも加齢臭は発生する?

加齢臭は男性特有の臭いというイメージがあるが、加齢臭の原因は、体に溜まっていく皮脂量が根本的な原因で、男性の方が分泌量が多く、女性の方が分泌量が少ないため、女性は加齢臭がしないと思っている人がいますが、皮脂は女性でも分泌するし、年を取れば誰でも皮脂が溜まっていくので、男女関係なく加齢臭は発生します。

また、皮脂の分泌は、女性ホルモンによって抑えられているので、女性ホルモンが減り始める35歳くらいからが、加齢臭の開始年齢とも言えます。さらに、40歳になると体の酸化を抑えていた抗酸化物質が減り始めて、『体内細胞の酸化』が加速するため、加齢臭は一層強くなっていくので、抗酸化物質を多く含んだ食事などの対策が必要になります。

体の酸化を予防するためには、『水素』が効果的です。ビタミンC、ポリフェノール、コエンザイムQ10などは、体の内側から加齢臭対策をするのに必要な成分ですが、分子が大きいため、身体の隅々まで届けるのが難しいですが、水素分子はコエンザイムQ10の1/430と非常に小さいため、身体の隅々まで行きわたり、抗酸化を行ってくれます。

>>高濃度水素水サーバーならトーエル

水素は活性酸素を除去して、老化を防いでくれるので、若々しさを保ちたいあなたにもおすすめです。

ナース

女性もホルモンバランスによって35歳くらいから加齢臭が発生します

加齢臭ではなく疲労臭と汗が臭いの原因!?

残業

加齢臭と混同されやすいのが、『疲労臭』。疲労臭とは、一言でいうとアンモニアの臭いです。通常は肝臓でアンモニアを処理するため、汗となって体外に出るのは少量ですが、体が疲労している状態だと肝臓がアンモニアを処理しきれず、汗に大量のアンモニアが含まれて出てしまうため、体臭がアンモニアの臭いになり、疲労臭が発生してしまうのです。

普段、お酒を飲んだり、対人関係などでストレスが溜まっている人は、疲労が溜まり、アンモニアの体臭となってしまうので、ランニングやヨガなど有酸素運動をして乳酸を体外に排出したり、お酒を控えて肝臓をいたわるような対応が必要になります。

  • 疲労臭はアンモニアの臭い
  • 肝臓がアンモニアを処理しきれず体外に出る
  • お酒を控えて肝臓をいたわる

加齢臭の原因物質の活性酸素って?減らすには?

活性酸素

活性酸素は、他の物資を酸化させる力が非常に強い酸素なので、増えすぎると体が酸化して加齢臭や疲労臭などの体臭も強くなります。

生活習慣を改善して、活性酸素を減らすことが体臭改善につながります。

タバコを止める

タバコ

『加齢臭とタバコの関係』の記事でも書きましたが、煙草には有害物質が多く含まれていて、これらの有害物質を攻撃する時に活性酸素が増加します。

電子タバコにしたり、減煙したりすれば体に入る有害物質が減るので発生する活性酸素も減らすことができます。

お酒を飲み過ぎない

お酒を飲むとアルコールを分解するため、肝臓に負荷がかかり、分解するときに活性酸素が発生してしまいます。
毎晩、晩酌する人は活性酸素の発生量が多いため、加齢臭が発生しやすくなるので、飲み過ぎないようにすることが臭い対策につながります。

有酸素運動をする

運動

加齢臭の原因は、『酸化』原因なので、抗酸化酵素の働きを上げてあげれば対策になります。
ウォーキングや軽めのランニング、ヨガなどの有酸素運動は、体の抗酸化酵素の働きが活性化するため、体の酸化を抑えてくれます。
逆に激しい運動は、呼吸量が増えるため、活性酸素を増やしてしまします。

ストレスを溜め過ぎない

ストレスを受けると血液の流れが悪くなり、一時的に血管が詰まったような状態になります。この詰まった状態から元に戻る時に活性酸素が発生します。
ストレスが溜まっている人は、駅まで早足で歩いたり、休みの日にヨガをしたりと日常生活の中に有酸素運動でストレスを発散する習慣を取り入れることを心がけてください。