加齢臭ってどんな臭い?

古い油

加齢臭の原因はノネナールという物質で、臭いを一言で表すと脂っぽい臭いです。

40才くらいから皮脂の酸化によって発生し始めて加齢臭が始まります。

人間は、エクリン腺から汗をかきますが成分のほとんどは水分で本来は無臭なんです。そこに酸化した皮脂が原因で、加齢臭となります。

具体的には、加齢臭は以下のような臭いに例えられることが多く、若い時の『ツン』とした汗臭いニオイと違い、なんか脂臭いなぁ~っと思ったら、加齢臭が始まったサインだと思ってください。

加齢臭はこんな臭い

  • チーズのような臭い
  • 古本のような臭い
  • ろうそくのような臭い
  • 油脂が古くなったような臭い
  • 脂くさくて青くさい臭い
  • 古いポマードのような臭い

あなたが当てはまる臭いは、ありましたか?嫌な臭いはビジネスではマイナスにしかなりません。

臭いをチェックするアプリクンクン ボディもありますので、人に嫌な臭いを発してないか確認してみてください。

クンクン ボディは、カバンに入れて持ち運べるので、会議の前や人と接する前にチェックすることができて事前に対策が出来るので、自分の臭いが気になる方は是非、持ち歩いて人に会う前や対策にお使いください。

部位別!加齢臭の簡単チェック方法

加齢臭は、人体が劣化することで発生する脂っぽい臭いで汗臭さとは異なります。

自分でチェックすることで、対策することができるので、チェックしてみてください。

まず、嗅覚の性質として慣れるという問題があります。自分の臭いは慣れてしまって気付かず、周りから嫌な顔をされたり、避けられたりしてひょっとして自分は臭い?って気付くんです。

そんな方に周りの人が、あたなの臭いをどう感じているかチェック方法を紹介します。

下記のチェック方法で確認して脂が古くなったような臭いがすれば、加齢臭が発生している可能性が高いです。

・全身の臭いのチェック

加齢臭チェック

自分の臭いは着ている衣服に染み付きます。一日中着ていた服をビニール袋に入れて、一度自分の体から離してみてください。

嗅覚は自分の臭いに慣れてしまっているので、自分の体から離してリセットするする必要があります。

ビニール袋に入れた後は嗅覚をリセットするために5分程度外に出たりして違う臭いに慣れさせた後、ビニール袋を開けて臭いを嗅いでみてください。

その臭いが普段、周りの人があなたの臭いとして感じている臭いです。古くなった油のような臭いがすれば加齢臭です。

加齢臭は、皮膚から出る皮脂を加齢臭専用のボディソープや石鹸を使うことで、対策をすることができます。

全身の臭いのチェック方法

  • 服をビニール袋に入れる
  • 5分程度、外の空気を吸う
  • ビニール袋を開けてみる
  • 脂っぽい臭いがするか確認する
ナース

嗅覚は自分の臭いに慣れてしまっているので、リセットしてからチェックすると効果的!

・わきの臭いのチェック

わきの臭い
わきは皮脂の分泌量が多い部分で、加齢臭のチェックをするには最適です。

家に帰って一日を過ごし終えて自分の臭いMAXになっている状態で、ティシュで自分のわきを軽く擦ります。

擦ったティッシュをビニール袋に入れて、お風呂に入るなどして嗅覚をリセットした状態でビニール袋を開けて臭いを嗅いでみてください。

この方法でチェックして脂っぽい臭いがすれば、加齢臭なので加齢臭専用のボディソープや石鹸を使って体を洗うことで対策することができます。

わきの臭いのチェック方法

  • ティシュで自分のわきを軽く擦る
  • ティシュをビニール袋に入れる
  • 5分程度、外の空気を吸う
  • ビニール袋を開けてみる
  • 脂っぽい臭いがするか確認する

・頭の臭いのチェック

頭の臭い

頭皮も皮脂の分泌量が多い部分なので、加齢臭をチェックすることができます。

頭の臭いは直接、頭が触れる物でチェックします。例えば、枕や帽子などです。

これらを先ほどと同じようにビニール袋に入れて、嗅覚をリセットした状態でビニール袋を開けて嗅いでみると、自分の頭からどんな臭いがしているか確認ができます。

頭の臭いのチェック方法

  • 枕や帽子をビニール袋に入れる
  • 5分程度、外の空気を吸う
  • ビニール袋を開けてみる
  • 脂っぽい臭いがするか確認する

この方法でチェックして脂っぽい臭いがすれば、加齢臭なので、加齢臭専用のシャンプーを使って後頭部を丁寧に洗うことで対策ができます。

・口臭のチェック

口臭

加齢臭は皮脂が酸化してもので、皮脂腺が少ないところからはあまり臭わないんです。

口の中は皮脂の分泌による臭いとは違うので、加齢臭のチェック方法にはなりませんが、下記の方法でチェックできるので、口臭が気になる方はやってみてください。

口の臭いは、舌をティシュで擦ってみてください。このまま臭いを嗅いでもいいのですが、慣れの問題を回避するために、他部位と同じようにビニール袋に入れて嗅覚を別の臭いで慣らせた後、ビニール袋を開けて嗅いでみてください。

その臭いが普段、あなたと話をしている人が感じている臭いなので、嫌な臭いだなと感じたら、マウスウォッシュやガムなどで対策をしてみてください。

口臭のチェック方法

  • 舌をティッシュで擦る
  • ティッシュをビニール袋に入れる
  • 5分程度、外の空気を吸う
  • ビニール袋を開けて嗅いでみる

・足臭のチェック

足の臭い

実は、足から加齢臭はしないんです。理由としては、年齢に関わらず足首から下は皮脂の分泌がほとんどないため、脂っぽい臭いではなく、ツンとした臭いがします。

足の臭いは、足が普段触れているものに付着しますので、靴や靴下でチェックすることが最適です。これらをビニール袋に入れて嗅覚をリセットして嗅いでみれば、足の臭いを確認できます。

臭いがキツイなと感じたら、消臭用のインソールを使ったり、足専用の石鹸を使ったりすることで対策ができます。

足臭のチェック方法

  • 靴や靴下をビニール袋に入れる
  • 5分程度、外の空気を吸う
  • ビニール袋を開けて嗅いでみる
ナース

足から加齢臭の匂いがすることはありません!

・耳の後ろのチェック

耳の後ろ

耳の後ろも皮脂の分泌が多く、加齢臭をチェックするには最適です。

しかも、耳の後ろって洗い忘れることが多くないですか!?加齢臭の基本的な対策って臭いの元となる皮脂をしっかりと洗い落とすことなので、洗い忘れが多い耳の後ろは加齢臭が強くなってしまうのです。

そんな耳の後ろもティシュなどで擦ることでチェックすることができます。擦った後はそのまま臭いを嗅いで確認をしてもいいですが、自分の臭いなので、慣れてしまっている可能性があります。他の部位と同様にビニール袋に入れて、5分程度他の臭いを嗅いでからビニール袋を開けて確認するとよりリアルな臭いをチェックできます。

耳の後ろのチェック方法

  • 耳の後ろをティシュなどで擦る
  • ティッシュをビニール袋に入れる
  • 5分程度、外の空気を吸う
  • ビニール袋を開けて嗅いでみる